リモコンエンジンスターター - サーキットデザイン

よくあるご質問

NEXTLIGHT

Q:イモビ認証エラーでエンジンがかからない。

A1:車内でエンジンスタートを操作していませんか?

車外に電子キーを出して、お車から離れた状態で始動操作を行って下さい。

  • スペアの電子キーが車内にありませんか?電子キーを車外に出して下さい。
  • 電子キーの電池残量は大丈夫ですか?

A2:車両への取り付け状態を確認してください。

  • 配線確認(電源ハーネス、アース取り直し)をお願いします。
  • 電源ハーネスの赤色配線(LF)を確認してください。
  • 電源ハーネスのDATA配線を確認してください。
  • 車両によって、リレーユニットのモードスイッチの切り替えが必要になる場合があります。車種別取り付け図を参考にしていただいて、スイッチの切り替えをお願いします。

Q:リモコンのアンテナが折れてしまいました。修理はできますか?

A:アンテナ部分の交換が可能です。お預かりさせていただくようになります。お買い上げになったお店かES-89シリーズ取扱店にお問合せください。

Q:イモビ認証エラーでエンジンがかからない。

A1:車内でエンジンスタートを操作していませんか?

車外に電子キーを出して、お車から離れた状態で始動操作を行って下さい。

  • スペアの電子キーが車内にありませんか?電子キーを車外に出して下さい。
  • 電子キーの電池残量は大丈夫ですか?

A2:車両への取り付け状態を確認してください。

  • 配線確認(電源ハーネス、アース取り直し)をお願いします。
  • 電源ハーネスの赤色配線(LF)を確認してください。
  • 電源ハーネスの DATA配線を確認してください。
  • 車両によって、リレーユニットのモードスイッチの切り替えが必要になる場合があります。車種別取り付け図を参考にしていただいて、スイッチの切り替えをお願いします。

Q:距離が近いのに認証エラーになる。

A1:リレーユニットのアンテナケーブルが抜けているケースが多々あります。抜け防止穴に通してアンテナコネクタの奥まで差し込んでください。

 

A2:エンジンスターターリモコンとスマートキーリモコンの間隔が3cm以内になるようにしてお使いください。

Q:ドアロック、アンロック操作ができません。

A1:ドアロック/ アンロックの配線はされていますか?
車両側への配線(ドアロック / アンロック配線の接続)が必要です。取付け店にご依頼下さい。

 

A2:後付けアクチュエータ取付け車で、手動でロック/ アンロックを行っていませんか?
手動でロック/ アンロックの操作を行うと、車両ドアロック状態とエンジンスターターのドアロック機能の連動がずれてしまいます。1度、車両のドアロック状態と同じ操作を行っていただくと連動が正常になります。その後再度ドアロック/ アンロック操作を行ってください。

 

A3:イグニッションキーでエンジンを始動していませんか?
イグニッションキーでエンジンが始動している最中はエンジンスターターの操作は受け付けられません。誤った操作を行うと車両事故や、盗難、キー閉じ込み等の危険があります。キーでの始動中は車両(車内)から離れず正しい使用方法でご使用下さい。

Q:取り付けたが、エンジンがかからない。

A:ドア検出配線とPポジション検出配線は接続してあるでしょうか?

Pポジション検出は最低条件になっています。ドア検出は任意で必要です。

配線を行った場合は、ドアが閉まっていないとエンジンは始動しません。

Q:ドアを開けてもエンジンが停止しない(ドアタイマー機能に移行しない)

A:ドア検出配線が正常に検出できていない状態が考えられます。お取り付けいただいたお店にご相談ください。

Q:外国車に取付したいのですが、取り付けは可能でしょうか?

A:弊社では外車の取付け設定は行っておりません。

ES-89シリーズは

  • オートマチックトランスミッション車
  • 燃料噴射装置付き車(ガソリン車、ディーゼル車)
以上の国産車に限り、弊社による適合設定のある車両のみで取り付けが可能です。

Q:ドアロック機能が時々、作動しないことがある

A:純正キーレスとNEXTLIGHTのドアロック機能を併用されていないでしょうか?

併用しますと車両のドアロック機構の連動部分がNEXTLIGHTの信号と一致せず、うまく作動しない状態が発生することが考えられます。できる限りNEXTLIGHTのドアロック機能に統一して、ご使用いただくことをお勧めします。

Q:修理依頼をしたいのですが、どこに依頼すれば良いですか?

A:お買い上げになったお店かES-89シリーズ取扱店にお問合せください。

Q:リモコンのスイッチの反応が悪く、うまく操作できない。

A:スイッチ部分の修理の必要があります。お買い上げになったお店かES-89シリーズ取扱店にご相談ください。 

Q:リモコンのケースが壊れました。修理はできますか?

A:ケースの交換になります。こちらにお送りいただく必要がありますのでお買い上げになったお店か、ES-89シリーズ取扱店にご相談ください。

Q:リモコンがピッと鳴らなくなった

A:電池残量は十分でしょうか?

Q:リモコンをなくしました。リモコンを作れますか?

A:機種によりますが、スペアリモコンの作成が可能です。作成できる機種の場合、製品シリアルナンバーが必要になります。お買い上げになったお店か、ES-89シリーズ取扱店にご相談ください。生産終了機種の場合、作成できない場合があります。

Q:車のバッテリーを外したら、エンジンスターターでかからなくなってしまった。

A:オートマチック車の認識設定が必要になります。

一度電源が切れるとオートマチック車認識設定が消えてしまいますので、再度、認識設定をしていただくことにより動作するようになります。

設定方法は各機種により違いますので、お手持ちの取扱説明書をご参照ください。もし取扱説明書を紛失してしまった場合は以下のページより該当機種のマニュアルがダウンロード可能です。

[ PDF版 取扱説明書 ダウンロード ]

Q:リモコンのアンテナが折れてしまいました。修理はできますか?

A:アンテナ部分の交換が可能です。こちらにお送りいただく必要がありますので、お買い上げになったお店かES-89シリーズ取扱店にお問合せください。

Q:エンジンスターターでのエンジン始動時は、純正キーレスによるロックアンロックは動作するのでしょうか?

A:メーカー、車両によって異なりますがほとんどの車両は作動しません。
エンジン始動中はキーでエンジンをかけているのと同じ状態になるため、車両のキーレスユニットで作動を止めてしまいます。

エンジンは始動するが、少し離れると始動しない。(飛距離が極端に短い)

A1:アンテナユニットはダッシュボードサイド等、車両の外からよく見える場所に設置されていますか?

アンテナユニットをAピラーのカバー内、ロアカバー内等に収納して設置されると、著しく感度が落ちて飛距離が短くなります。

A2:アンテナケーブルのコネクタの接続(差し込み)は確実ですか?

アンテナコネクタは、確実に接続してください。(アンテナケーブルは抜け防止穴を通さずにコネクタを接続すると抜けやすくなります。)

A3:製品の特徴として、距離が離れた場所ではリモコンのアンテナを伸ばして使用していただくことを推奨しております。

また、建物の中、障害物の多い場所等では、近距離でも始動しない場合があります。できるだけ車両が見通せる場所でリモコンの操作をしてください。

Q:電子キーの認証エラーでエンジンが始動しない

A1:エンジンスターターのリモコンと車両の電子キーの間隔が3cm以内になるようにしてお使いください。

A2:スペアの電子キーが車室内にありませんか?

車室内からエンジンスターターのリモコンでスタート操作をしていませんか?

電子キーが車室内にあると認証エラーとなりエンジンは始動しません。

A3:電子キーの電池が消耗していないか確認してください。

電子キーの保管場所により電池が消耗しやすくなる場合もあるようです。詳しくは車両販売店様へ確認してください。

また、非常に寒い場所に電子キーを放置しておくと一時的に電池の電圧が降下して、作動不良となる可能性もございます。

A4:専用ハーネスの接続先に間違いはありませんか?

車種別取付資料をご確認いただき、各配線を点検してください。

A5:専用ハーネスのアース線の取り付けは確実ですか?

車両のアースポイントのボルト・ネジに共締めして、確実に固定してください。

A6:取り付けする車両により、リレーユニットのDIP-SWの設定が必要になる場合があります。

車種別取付資料をご確認いただき、必要な場合はDIP-SWの設定をしてください。